サンプルドキュメント

インラインとグリッドを理解する

本文や画像のパーツをバラバラのフレームにしていると、後からの修正対応が大変になります。ここでは本文中に画像を挿入する作業を例にして、インラインとグリッドを活用して効率よく組版する方法を説明します。

一段組みなら楽勝!というフォーマット作りを目指す

中級者向けのIT書でもっとも多いデザインは、「一段組みで文章の途中に図版やソースコードを挟みつつ、章末またはセクション末までリニアに続いていくタイプ」です。このタイプがより速く組めるようになれば、その分を校正期間に回してクォリティアップを図れるようになります。

このタイプのデザイン指定は、たいていの場合、「各パーツのサイズ」と「パーツ間隔」の指定になりますが、それをそのままフォーマットにしてはいけません。

そのまま各パーツがバラバラの状態で組んでしまうと、後でテキストの追加や削除が発生したときに、それ以降を手作業でずらすことになってしまいます。

デザイン指定そのままのフォーマットでは修正が大変
デザイン指定そのままのフォーマットでは修正が大変

InDesignのインライン機能を見直す

もともとInDesignは、テキストフレームをリンクさせて複数ページに流し込む機能を持っています。しかし、小説のような文字ばかりの本でしか使えないと思っている人が多いのではないでしょうか? 実は「インライン機能」を使いこなせば、かなり凝ったデザインの本でも、リンクしたテキストフレームを使って組むことができます。

インライン機能はテキスト中に他のオブジェクト(フレーム)を挿入する機能ですが、InDesignでは「インラインオブジェクト」と「アンカー付きオブジェクト」の2種類に分かれます。

インラインオブジェクト

テキスト中に挿入したフレームを右クリックし、[アンカー付きオブジェクト]→[オプション]を選択すると[アンカー付きオブジェクトオプション]ダイアログボックスが表示されます。

ここで[インラインまたは行の上]の[インライン]を選んだ状態がインラインオブジェクトです。

[インライン]を選択した状態
[インライン]を選択した状態

アンカー付きオブジェクト

[アンカー付きオブジェクトオプション]ダイアログボックスで[カスタム]を選んだ状態が、アンカー付きオブジェクトです。インラインよりも設定項目が増え、配置の自由度が上がっています。

[カスタム]を選択した状態
[カスタム]を選択した状態

ソースコードを表組みで作る

ソースコード枠に表組みを利用すると、複数ページにまたがるソースコード枠でも簡単に作れるようになります。ここでは合成フォントの作成や欧文組版ルールの解除といったソースコードを組むために必要な基礎知識もあわせて解説します。

ソースコードの文字設定

まず基本の文字スタイルについて説明します。ソースコードは原則等幅なので、フォントは、Courier New、Andale mono、Inconsolata、Source Code Proなどの等幅欧文フォントをベースにした合成フォントとなります。ただしそれで終わりではありません。これは最低限のことでしかなく、半角スペースで正確に文字揃えできるように、通常の和欧混淆文用とは設定を変えなければいけないのです。

まず、合成フォントを作る時に和欧の横幅を変えると揃わなくなります。サイズを調整したい場合は、欧文を縦にちょっと引き延ばす程度がおすすめです。

また、ソースコード用の文字組みアキ量設定を作成し、和欧文間をゼロ固定にします。

欧文を縦に110%引き延ばしてサイズを揃える
欧文を縦に110%引き延ばしてサイズを揃える
和欧文間をゼロにする
和欧文間をゼロにする

[欧文合字]をオフにする

その他に、段落スタイルで[欧文合字]をオフにし、カーニングや字送りなどの字間を変える設定は原則使わないようにします。折り返しが少ないほうがいいので、文字サイズは少し落としておくといいでしょう。

[欧文合字]をオフにし、余計な字間調整はなるべくしない

左揃えがベター

折り返しが発生した場合に字間が広がらないように、行末揃えではなく左揃えを使用します。

左揃えがベター

場合によっては[欧文泣き別れ]を

単語の途中で折り返しても問題ないようなら、[欧文泣き別れ]をオンにしてもいいでしょう。ただし、誤読の原因になる(2単語だと誤解される)こともあるので、この設定を使うかどうかはよく検討してください。

場合によっては[欧文泣き別れ]をオンに

最後にちゃんと確認

最後に和欧混交のソースコードのサンプルを入力し、半角スペースで揃えられることを確認します。

半角スペースでコメントの//が揃えばOK
半角スペースでコメントの//が揃えばOK